薄毛の進行遅滞にプロペシア!フィンペシアの本気のAGA治療

薄毛の改善を可能にする薬

プロペシアとは、一般名をフィナステリドとし後発薬にはフィンペシアという製品があり、どちらも経口服用する事が頭皮に作用をもたらす薬になり、本来はフィナステリドはAGA治療に用いられる為に開発されたものではなく、男性の方が持つ前立腺に関わる肥大や癌等の治療を行う為に開発された成分となり、その分野では広く知られるプロスカーという治療薬の主成分でしたが、臨床試験から多毛症が見つかりその後に研究を続けてた事でAGA治療に対しての有効性がある事が分かり転用され現在では毛髪に発毛の作用をもたらす薬として世界でも初めて2005年より医療機関で処方される様になりました。

脱毛の症状を伴うものに円形脱毛症や抗がん剤の副作用による影響により毛髪が失われた際には有効とはならず、あくまでも若年性を含むAGAにのみ効用がある薬になり、また成人未満の方への処方は安全性が確認されていないので処方する事が出来ず、女性の方も閉経後にFAGAとして本症を発症する事がありますが、適応なないので同様に処方する事が出来ません。

プロペシアは、毛髪を薄くしてしまう原因物質であるDHTが産生される事を防ぐ事の出来るもので、この物質はAGA発症の男性の方の頭皮から多く検出され、そもそも頭皮内に最初から存在する物質ではなく、胎児期から成人を迎える頃まで体の成長に欠かす事の出来ないテストステロンが5α-リダクターゼにより変換されてしまう事で産生されるものであり、これが頭皮内の雄性ホルモントランスポーターに結合する事でTGF-βというタンパク質の一種が髪の成長を妨げるシグナルを頭皮全体に送る様になります。

その為、薄毛を改善するには5α-リダクターゼの活発化を防ぐ事でありプロペシアの成分フィナステリドがこの物質を阻害する作用を持ち、その結果、薄毛の改善あるいは症状の進行遅滞に繋がり頭皮の環境を整備してくれます。

また最初に紹介した後発薬フィンペシアも同様の作用を持ち、本剤は保険が適応されない高価な薬剤となるので後発薬フィンペシアであれば同一作用を安価でAGA治療に取り入れる事が出来ます。