薄毛対策研究所【file:プロペシア】

髪を育てるヘアケア

根本発毛を目指そう
薄毛になるという現象には必ず原因があります。
その原因によって対策や治療方法が異なり、ゆえに間違ったヘアケアや対策をいくら行っても効果はありません。
根本的に対策を行う“根本発毛”という視点に立ち、取り組むことが大切と考えます。ではどのようなヘアケアが良いのでしょうか?

チェックボックス 育毛の基本はシャンプーから
間違ったヘアケアが薄毛・脱毛をさらに進行させてしまうというのは、今では広く認知されてきたかと思います。
最近抜け毛が多くなったと感じたり、髪の毛がからまる、あるいは髪の毛がすぐにべたつくといった様々な毛髪・頭皮に関する悩みを持つ方に、まずは自宅でできるシャンプー方法からご紹介したいと思います。

チェックボックス 美容師だけでなく皮膚科医の推奨シャンプー方法は?
あああああああ ①1日1回夜に、シャンプーをよく泡立て、爪を立てずに優しく指頭で洗う。

②シャンプーによる洗髪時間の3倍の時間をかけてややぬるめのシャワーで洗い流す。

③優しくタオルでふく。以上に気をつけるだけで健やかな頭皮環境を保てるでしょう。


チェックボックス 禁忌
くれぐれも夜・朝シャンを毎日行うということはやめましょう。
皮脂のとり過ぎから過剰な皮脂分泌を引き起こしてしまいます。

チェックボックス シャンプー剤の選び方
最近はネットや、ドラッグストアで様々な種類の低刺激シャンプーやアミノ酸シャンプーが市販されていますが、どれを選んでよいのか迷いますね。
そんなときに参考にしてほしいのが、入っている成分です。
乾燥を加速させる安いシャンプーには界面活性剤の「ラウリル硫酸Na」が入っています。
石油系で刺激性が強く、頭皮には毒性が強いため昨今チェックすべきというフラグがあがってりいる成分です。
次に、ラウレス硫酸Naですが、これはラウリル硫酸Naの刺激を緩和した、程よい洗浄成分に改善した成分です。
また、アミノ酸シャンプーにラウリル硫酸Naを混ぜてアミノ酸シャンプーだけでは汚れを取りきれないという弱点を補う作用があるとして30代以上の方に人気なエイジングケアシャンプーです。
また、美容院によっては頭皮の状態に合わせたシャンプーを紹介してくれるところや頭皮ケア専門美容院もありますので活用してみてもいいでしょう。

チェックボックス 地肌が見える範囲が広くなった方には育毛剤
市販ではミノキシジル含有製品の「リアップ」が、また皮膚科や個人輸入でもミノキシジル高配合の薬が購入出来、効果が高いです。



▲ページトップに戻る