薄毛対策研究所【file:プロペシア】

脱毛症の種類

AGA(男性型脱毛症)
壮年性脱毛症との別名で呼ばれ、30代以上の男性が発症し、遺伝や男性ホルモンが原因で発症する男性型脱毛症のことです。

どのように進行していくかと言いますと、男性ホルモンによる抜け毛の増加と、正常で5~7年かかる成長期が、1~2年と短くなることで細く、短い毛にしか育たないまま、太くならずに抜けるという繰り返しで、禿げが進行していきます。

AGA(男性型脱毛症) 脱毛部位によってM字型・U字型・O型に分けられます。
M字型とは額のそり込み部分から剥げていき、額の中央は髪が残る見た目から名づけられました。

またU字型は、M字型とは逆に額中央から脱毛が始まり、へこむような形を呈すものです。そしてO型は頭頂部が丸く禿げ上がる脱毛症です。

チェックボックス FAGA(女性男性型脱毛症)
女性の場合、男性とは異なるはげ方になるのは皆さん、ご存知でしょうか?
それはびまん性に、全体的に薄くなるという症状です。
尚、女性型の場合は以下に分類されます。
牽引性脱毛症:毎日、長時間ゴムで毛髪を縛り、引っ張り上げることで脱毛が起こるものです。
分娩後脱毛症:妊娠中および出産後、女性ホルモンのバランスが乱れて起こります。
粃糠性脱毛症:フケで毛穴が閉塞して生じる脱毛で、間違ったヘアケアが原因で起こります。
脂漏性脱毛症:頭皮の皮脂で毛穴が閉塞して脱毛が起こります。これも間違ったヘアケアによります。

チェックボックス 年齢・性別問わず起こる脱毛症
円形脱毛症
一部分が丸くまたは楕円に禿げる脱毛症で、昔から過度のストレスが原因と考えられていました。しかし最近の研究では自己免疫疾患が原因という説が有力で、毛根を異物として免疫細胞が攻撃してしまい禿げを起こします。
症候性
機械的脱毛症とも呼ばれ、休止期の毛が増える脱毛症です。休止期とは毛の成長が完全にストップした状態で、抜けるのを待っている状態です。
原因は甲状腺機能亢進・低下症等の内分泌疾患や栄養不足、妊娠、薬です。
圧迫性
ヘルメットや帽子を長時間被り、生え際や頭頂部が禿げるものです。
代謝異常性
不規則な乱れた生活によるホルモンバランスの崩れることが原因で、抜け落ちた毛の形がとぐろを巻いていたり、極端に細い軟毛になっていたりと様々です。

薄毛の進行を止めるプロペシア

薄毛で悩んでる人にとって薄毛治療は永遠のテーマだと思われます。
薄毛でも男性と女性では症状や治療方法が大きく異なるのをご存知でしょうか?

男性型脱毛症という近年とても話題になる薄毛は男性にしか起こらない脱毛症です。

薄毛の進行を止めるプロペシア 特徴は前髪部分が段々M字型で後退しに薄くなっていくか、頭頂部がO字型で薄くなっていきます。

片方だけ症状が出たり両方併発したりしますが、放置していると最終的には繋がってしまったりしてしまいます。
ここ数年では早い人で思春期を過ぎたころから症状が出てしまう人も急増しています。
もちろん気にならないのであればなんら問題はありませんが、男女問わず髪の毛は気にしてしまう人がほとんどです。

そこで治療方法ですが、プロペシアと呼ばれる有効成分フィナステリドが含まれている薄毛治療薬があります。
有効成分フィナステリドには5α-還元酵素を阻害してくれる作用があるので、ジヒドロテストステロンに変換するのを阻止してくれるのです。

即効性はなく服用してすぐに効果を実感することはできませが長期的に服用を続けることで徐々にヘアサイクルを通常のものへと戻してくれます。

プロペシアは服用を続ければ続けるほど効果が実感できるとされています。

しかし日本国内の処方では保険適用外となっておりコストがかかりすぎてしまうのが現状です。

そんな時は海外医薬品の輸入代行サービスをご利用頂ければ費用を抑えて購入することができます。

また海外医薬品であれば、プロペシアにはフィンペシアというジェネリック医薬品も存在していて、フィンペシアの方はプロペシアに比べかなり安価で入手可能ですので、とてもおすすめです。



▲ページトップに戻る