薄毛対策研究所【file:プロペシア】

ザガーロの効果

ザガーロ ザガーロとは2016年にGSK社から発売されたAGA治療薬で、抜け毛の原因であるDHTが生成されるのを手助ける1型5-α還元酵素を阻害する機能をもつ有効成分「デュタステリド」を含んでいます。商品名の由来は最後の砦を表す「z」,AGAの「aga」,響きがいい「llo」とイタリア語で語尾が「o」で終わるのは男性をあらわす事から「ザガーロ」となりました。

プロペシアとの違い

では次に二大AGA治療薬であるザガーロとプロペシアとの違いについて説明します。
ザガーロの主成分である「デュタステリド」とプロペシアの主成分「フィナステリド」はともに前立腺肥大用の薬として開発されましたが、その後抜け毛の原因であるDHTが作り出されるのを止める効果がある事が分かりAGA治療薬として販売されるようになりました。
ザガーロは、2種類の還元酵素を阻害する事ができるのに比べ、プロペシアは2型5-α還元酵素のみを阻害します。

デュタステリドの特徴とは

「デュタステリド」についてもう少し解説していきます。
「デュタステリド」は抜け毛の要因であるDHTを生成する役割を果たす5-α還元酵素を阻害する効果を持っています。5-α還元酵素は1型と2型が存在し、1型は主に皮脂腺に存在し、体中にあります。それに比べ、2型は主に頭皮にあり生え際や頭頂部に存在します。
その中でも「デュタステリド」は「フィナステリド」より2型への効果が3倍あり、さらに「フィナステリド」では効果がなかった1型への効果が得られます。また臨床試験の結果において、ザガーロ(0.5mg)とプロペシア(1mg)を比較した結果ザガーロの方が1.8倍効果があるとの検証結果が出ました。


M字ハゲの救世主はザガーロ

ザガーロはM字ハゲに有効だと言われています。ではなぜそのように言われているのでしょうか?それはM字ハゲになる原因が「デュタステリド」に関係があるからです。M字ハゲの場合、DHTの影響を強く受けやすく何型の還元酵素なのか分からない場合があるために、どちらにも効果があるザガーロを使用する事で薄毛を改善する事ができます。


相棒はミノキシジル?

ザガーロには併用すると効果が倍増する発毛剤があります。それがミノキシジルです。ザガーロが「デュタステリド」を使って5-α還元酵素を阻害し、脱毛を止めるのに対し、ミノキシジルは血管を拡張し、髪の毛の発毛を促進させます。ミノキシジルで発毛し、生えてきた髪の毛を育毛する事でより良い効果がみられます。



ザガーロのジェネリック医薬品

ザガーロはプロペシアに比べカバーしている範囲が広いためプロペシアに比べると若干値段が上がります。
そこで、現在販売中のザガーロのジェネリックについて説明いたします。

ザガーロ・ジェネリック(DUTASTRON)

ザガーロ・ジェネリック

こちらは、スマート社が開発したザガーロジェネリックで「デュタステリド」の内容量がザガーロと同じ0.5mgになっております。
今人気のザガーロジェネリックで私がオススメする通販サイト「お薬なび」のランキングでも上位にいる人気商品です。

デュタス

デュタス

売上が1300億円を超える世界大手のインドの「DrReddy's Laboratories」社が開発しました。
「DrReddy's Laboratories」社は育毛剤の中で一番売れているリアップのジェネリック医薬品であるミントップも開発しています。

デュタボルブ

デュタボルブ

プロペシアのジェネリック医薬品「フィナロイド」を開発したフィリピンの製薬会社「ロイドラボラトリーズ」が開発したジェネリック医薬品です。
「ロイドラボラトリーズ」は東南アジアやインド、アメリカなど多数に渡る国で拠点を構える有力マーカーの一社です。

デュタプロス

デュタプ

デュタステリドの容量はザガーロと同じ0.5mgなのですがデュタプロスにはトルコ産とグルジア産の2種類がありグルジア産は「デュタステリド」以外にタムスロシンという成分を含みます。その成分が副作用を引き起こす場合があるため、トルコのコカックファルマ社が開発したデュタプロスの方をおすすめします

ザガーロの服用方法

ザガーロは0.5mg効果大?

ザガーロの容量には0.1mgのものと0.5mgのものがありますが、ザガーロ0.1mgはプロペシア1mgと同程度の効果がある事がわかっている為、効果を大きくしたいなら0.1mgより上の0.5mgで使用する事をオススメします。
また、臨床試験によってDHTの生成をプロペシア1mgで60%抑制、ザガーロ0.5mgではなんと90%も抑制できたとのデータが出ていますので、プロペシアからザガーロに乗り換える事も考えてみるのも良いでしょう。

継続は力なり

ザガーロの薬は毎日欠かさず服用する事で効果が発揮されます。
ではなぜ毎日じゃないといけないのでしょうか?
それはザガーロの有効成分「デュタステリド」の仕組みにあります。
もともと、前立腺肥大病の薬から開発された「デュタステリド」は血液中の濃度を一定に保つ事によって成分を行き渡らせます。
つねに血液中を流れる事によって髪の毛への効果が現れるのです。

一日一回の投薬で毛が生えるってホント?

ザガーロは普通の薬のように食前・食後のような食事に合わせて薬を服用するタイプではないので、食事に関係なく服用する事ができます。
ただし、ザガーロの有効成分「デュタステリド」の効果はきっかり24時間で消えてしまうので、そうならないために24時間毎での服用が大事になってきます。

ザガーロの副作用

ザガーロを服用の際は副作用の事についても把握しておく必要があります。
ザガーロの主成分である「デュタステリド」はプロペシアの主成分「フィステナリド」に比べ、効果がある為その副作用も「フィステナリド」より多く見られています。

下記がその症状の表になります。

分類/使用頻度 全体の1%以上 全体の1%未満 頻度不明
過敏症   発疹 蕁麻疹、アレルギー反応、掻痒症、限局性浮腫、血管浮腫
生殖系及び乳房障害 性機能不全(リビドー減退、勃起不全、射精障害 乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房不快感) 精巣痛、精巣腫脹
皮膚     脱毛症(主に体毛脱落)、多毛症
消化器   腹部不快感 腹痛、下痢
その他   腹部不快感 倦怠感、血中クレアチンホスホキナーゼ増加

ザガーロは男のあらゆる部分に影響が出る?

ザガーロは男性ホルモンを抑制して髪の毛が抜けるのを防ぐために、男性機能を低下させる副作用が起こる可能性があります。まず、EDや射精障害などの性機能不全です。ペニスが立たたなくなったり、性欲が衰退するので夫婦生活において、妊娠活動の方は服用を避けたほうがよいでしょう。また、男性ホルモンを抑える事によってやる気や元気がなくなり、うつ状態になる可能性もあります。
副作用が不安な場合は泌尿器科やEDクリニックに相談してみて判断するのもよいでしょう。

ザガーロ使用者は妊婦には近づいてはいけない?

ザガーロの薬効成分である「デュタステリド」は妊婦の体内にいる胎児に影響を与えるため、触れる事すら認められていません。もし触れてしまうと体内にいる胎児(男の子のみ)の生殖奇形が生じてしまうので気をつけてください。また同じ理由で女性の使用も禁止となっています。
男性側が注意する事でこの副作用は未然に防ぐ事ができるので、そういう認識を持つ事が大切です。

ビールと一緒にするとダメ?

ザガーロは毎日服用するのが必須の為、肝臓への負担が懸念されます。
また、ビールが肝臓にある場合ビールとザガーロ両方を分解しないといけないため、肝臓への負担がおおきくなります。
その為、肝臓への負担を避ける為にビールを飲んだ状態でのザガーロの服用は避け健康な状態で育毛・発毛に取り組みましょう。

ザガーロは癌発見が出来ない?

ザガーロの薬効成分「デュタステリド」はもともと前立腺肥大用の薬として開発されたので前立腺がんの検査の際に検査結果が判断しにくくなる場合があったり、検査異常な数値が表示される可能性がある為、前立腺がんの検査の場合はザガーロの服用を前もって医師に伝えておく必要があります。そうすればお医者さんの方が適切な数字を割り出してくれるのでもしガンであった場合でも発見する事が出来ます。報告をする事でこの副作用は未然に防ぐ事が出来ます。

▲ページトップに戻る